実は害鳥である鳩の効果的な駆除方法|グッズや専門会社を利用する

女性作業員

臭いによる対処方法

住宅

鳩の駆除を行なう方法として、忌避剤を用いるやり方が挙げられます。設置するだけで鳩が寄り付かなくなるので、安く手間も掛からず駆除ができます。鳩の駆除を専門に行なう会社に依頼すれば、より効果の高い場所に忌避剤を設置してくれます。

詳細を読む

効果的なスパイクやネット

3人の作業員

鳩は建物に入る場合、必ず降り立つ場所が決まっています。その場所を見極め、降り立つことを阻害するスパイクを設置することで、効果的に駆除ができます。駆除を行なう会社に依頼すれば、ネットの設置によって侵入を確実に防いでくれます。

詳細を読む

ソーラパネルは要注意

鳥

鳩による害が現れやすい場所といえば、屋根に設置したソーラパネル付近が挙げられます。巣を作られることで、パネル表面に大量の糞をされてしまい、発電効率が大きく下がってしまいます。接着剤で設置できるネットの使用や、電気ショックを与える設備を付けることで対処できます。

詳細を読む

捕獲や巣の撤去もできる

ハト

建物の屋根やベランダには、稀に鳩が巣を作ってしまうことがあります。野犬などとは違い、鳩は人へ直接危害を加えることはありません。しかし鳩に住み着かれてしまうと、糞や鳴き声などの被害を受けることとなるので、問題となります。巣がある場合、エサを取らない夜間は頻繁に鳴き声や羽音が聞こえるようになるため、騒音によって強いストレスを受けるようになります。また、鳩の糞は見た目も不衛生であるほか、鳥インフルエンザウィルスやサルモネラ菌といった有害な細菌やウィルスを含んでいるので、健康被害までもたらされてしまうのです。すでに巣を作られてしまった場合、鳩はその場所を生活の中心に据えてしまうので、簡単に追い払うことはできないでしょう。駆除を行なう会社に依頼することで、効果的に対処してくれます。

鳩を駆除するグッズは多く販売されていますが、巣を作られると市販されているグッズでは効果が得られない場合があります。市販のグッズは本格的に住み着かれることを防げますが、一旦巣を作られると鳩もその場所に執着するようになるので、簡単に追い払えなくなってしまいます。無理に追い払おうとすると、鳩に怪我を負わせる可能性があるため問題となります。野生の鳩は鳥獣保護法によって守られているので、むやみに傷つけると処罰の対象となりえるのです。駆除を行なう会社は市町村に届け出を出しているので、処罰されずに駆除することができるでしょう。巣の撤去や鳩の捕獲も行なってくれるので、なかなか追い出せない鳩でもすぐに対処してもらえます。