実は害鳥である鳩の効果的な駆除方法|グッズや専門会社を利用する

男性作業員

効果的なスパイクやネット

3人の作業員

建物に巣を作る鳩は、屋根の端やベランダの手摺に必ず止まるものです。飛来する場所が定まっていることから、鳩が止まりにくいように施工をすることで、巣を作られることを防げるでしょう。市販されている駆除グッズとして、鳩を止まりにくくするスパイクが販売されています。細く伸びたスパイクにより鳩が止まることを阻害するので、設置すれば自然と鳩が寄り付かなくなるでしょう。建物にスパイク状のものを設置すると聞いて、暮らしている人も危ない思いをするのでは、と考える人もいるでしょう。鳩駆除用のスパイクは、先端が丸くなっているため、万が一人に当たったとしても怪我を負うことはありません。鳩に対しても無用の怪我をさせることはないので、鳥獣保護の観点からもよい製品といえます。

スパイクによる方法よりも、高い駆除効果が得たいのならば、駆除を行なう専門の会社に依頼するとよいでしょう。鳩の駆除を行なう会社は、ネットを張ることで侵入されることを確実に防いでくれます。鳥類の鳩ではネットを破るだけの力はないので、ネットを周囲に張ることで侵入できなくなるでしょう。個人でネットを張るとなると体力的にも大きな負担が掛けられますが、駆除を行なう会社に依頼すれば、どのような場所でもすぐに施工を行なってくれるでしょう。マンションやアパートに住んでいる人であれば、ネットを勝手に設置するとオーナーからの注意を受ける場合があります。駆除を行なう会社は、依頼者とオーナーの間に立って交渉をしてくれるため、問題もなく施工してくれるでしょう。