実は害鳥である鳩の効果的な駆除方法|グッズや専門会社を利用する

男性作業員

ソーラパネルは要注意

鳥

近年鳩による害が多く報告されている場所といえば、ソーラパネル付近でしょう。普段人が寄り付かない屋根の上であり、直射日光や風雨を避けられる場所であるため、鳩にとっては巣を作るのに最適な場所となります。屋根に巣を作られるとなると、頻繁に鳩が飛び交うことで騒音や糞による悪臭被害がもたらされます。中でも厄介なのが、ソーラパネルに糞をされてしまうことでしょう。鳩の糞は尿と混じって排出されるので、乾燥すると表面に固着してしまいます。パネルの表面に大量の糞をされてしまうと、発電効率も大きく下がるため、放置することで大きな害をもたらされるでしょう。また、尿の混じった糞は金属を腐食させる作用があるので、パネルを固定する金具がサビてしまい、屋根から落下する危険性もあるのです。ソーラパネルに住み着いた鳩を駆除するには、専門の会社かグッズを利用するとよいでしょう。

ソーラパネル付近に住み着く鳩を駆除するには、パネル付近にネットを仕掛けるとよいでしょう。駆除用のグッズの中には、太陽光パネルと屋根の間を効果的に塞ぐネットも販売されています。釘やビスを打ち込まずに、専用の接着剤を使って貼り付けることができるので、一般の人でも手間を掛けずに設置することができます。駆除を行なう専門の会社は、鳩が屋根に近づかないように電気ショックを与える設備を設置します。バネ鋼に触れると弱い電気ショックを与えられるので、驚いた鳩は二度と近づかなくなります。忌避剤やカラスの模型を使った駆除方法では、賢い鳩はすぐに慣れてしまいます。しかし電気ショックであれば鳩も慣れることはないので、効果的に駆除を行なえるでしょう。